青汁から摂取できるビタミンAの効果

ビタミンAの基礎知識と効果

青汁からビタミンAを摂取する事が出来ますが、成分表では「ビタミンA」と記載されているものや「レチノール当量」と記載されているものもあります。

これは何かと言うとビタミンはそもそも機能で分類されているため、「ビタミンA」と言う働きをする物質を計るためにレチノール当量(RE)と言う単位を用いるためです。(以前はAはビタミンA効力の単位として「IU:アイユー」が利用されていましたが、現在はレチノール当量(「RE」が一般的です。2つの単位の関係性は1IU = 0.3 μgREとなります。)

また、ビタミンAの働きをするプロビタミンA カロテノイドは実に50種類にも及ぶと言われています。その物質を個別に記載していくのは難しいため、レチノール当量と言う数値に直して換算するのがビタミンAの分かりやすい表記方法と言う事です。

では青汁には程度のビタミンA(レチノール当量)が含まれているか、また現代人のビタミンAの摂取状況について見て行きましょう。

ビタミンAの摂取量

男性のビタミンA摂取状況
年齢 18歳~29歳 30歳~49歳 50歳~69歳 70歳~
推奨量(プロビタミンAカロテノイドを含む。) 850 850 850 800
平均摂取量(ビタミンA:レチノール当量) 511 551 568 591
過不足(μgRE) -339 -299 -282 -209
女性のビタミンA摂取状況
年齢 18歳~29歳 30歳~49歳 50歳~69歳 70歳~
推奨量(プロビタミンAカロテノイドを含む。) 650 700 700 650
平均摂取量(ビタミンA:レチノール当量) 473 491 560 538
過不足(μgRE) -177 -209 -140 -112

上記は厚生労働省が発表している「日本人の食事摂取基準」(2010年版)と「国民健康・栄養調査(平成21年)」の結果に基づくものです。こう見ていくと、男女共にビタミンAが不足しているのが分かります。(数値情報に関しては、調査時点での最新の情報を採用しております。)

では青汁を飲むとこれが全て解消されるかと言うと、青汁1杯に含まれるビタミンAは数十μgREのため、全てを補う事は出来ません。(中には数百μgREの栄養価がある青汁も存在します。)

そこで一工夫。青汁を牛乳に溶かして飲む事で牛乳に含まれるビタミンAも合わせて摂取する事ができ、青汁+牛乳で100μgRE程度のビタミンAを摂る事が出来ます。しかも味もまろやかになって飲みやすいので、いい事ずくめですね。

青汁をりんごジュースで飲まれる方もいらっしゃいますが、りんごジュースには残念ながら殆どビタミンAは含まれていないため、ビタミンを気にする場合は青汁+牛乳がおすすめです。