青汁から摂取できるビタミン効果・効能

青汁とビタミンの基礎知識

青汁は様々なビタミンが含まれていますが、当サイトでは実際にどの程度のビタミンが入っているのかを、単に含有量が多い少ないで判断するのではなく、人が必要としている摂取量を基に比較してみました。※青汁の栄養成分は青汁の比較サイトなどにまとまったものが掲載されていたので、それを参考にさせて頂きました。そのほか「All about」や「厚生労働省」のホームページ、及び「wikipedia」など多数のページを参考にさせて頂きました。ページ数が多くなるなるので個別のページ紹介は割愛させて頂きます。

「ビタミン」と言っても「ビタミンA」「ビタミンB」「ビタミンC」・・・など沢山のビタミンがありますが、ここで特には青汁から摂取しやすく、かつ現代人に不足しがちなビタミンである、ビタミンAとビタミンB郡の1つである葉酸(ようさん)に注目してみたいと思います。

また基礎知識としまして、「ビタミン」とは1つの特定の物質を指し「ビタミン○○」と呼んでいるのではなく機能で分類されていると言う事を知っておくと良いでしょう。つまり「ビタミンA」と言う働きをする物質は○○と○○、「ビタミンB」と言う働きをする物質は○○と○○言うように。ビタミン○○に該当する物質は数多く存在すると言う事です。

さらに極端な例を言うと、人にとってはビタミンでも、動物(犬や猫など)にとってはビタミンではない物質がもあります。これがまさにビタミンが機能で分類されているためで、人が生きて行く上で必要な機能と、犬や猫が生きて行く上で必要な機能が異なるためです。

ビタミンの中でも特に葉酸(ビタミンB9)に関して、妊娠を考えている女性や、妊婦の方は良く知っておくと良いでしょう。青汁でも多くの葉酸を摂取できるものがありますが、その成分や摂取のしかたによって、実際の摂取量が大きく変わってくるため、十分な情報を得た上で活用してみて下さい。

その他、補足としまして、青汁の安全面にかんしても気になったため調べてみましたが、既に調査結果をまとめている安全性から青汁を比較したサイトがありましたので、当サイトでの掲載は割愛させて頂きます。気になる方はこちらを参考にしてみて下さい。青汁は基本的には毎日飲むものになるので、安全性には十分に気を使いたいですね。